普段から、なかなか自分でコーディネートが決められないことが多いので、上から下まで一揃い入っている福袋は重宝します。いつもならあまり着ないタイプの服も紛れ込んでいたりすると、気分も一新されて正月から向上心が刺激される気分です。また、ちょっぴり気後れしてしまって入りずらいお店があったりする場合には、まさに福袋のシーズンが狙い目です。

店の中で吟味するわけではなく、店員と会話することもないので、さっと福袋を買って店を出ることができます。いつもは遠目から眺めるだけだった憧れのショップの服を、手元でじっくりと試してみることができるのは楽しかったです。

私にとっての福袋は、いつもとは違う自分と出会える宝箱のような存在です。